トップ «前の日記(2013-03-07) 最新 次の日記(2013-03-09)» 編集

定年退職後の人生を楽しく過ごすために・・・

enJoy セカンドライフ!
2013|02|03|04|05|06|07|10|11|12|
2014|01|03|04|05|06|07|08|09|11|12|
2015|03|05|06|09|
2016|01|03|
2017|01|03|04|09|
2018|07|08|09|10|

2013-03-08 退職後、最初の仕事はリフォーム工事

[住宅][リフォーム] 和室を洋間にリフォーム

前から自分の部屋を洋間にリフォームしたいと思っていたが、定年退職後時間が出来たので取り掛かることが出来た。

洋室の仕様は、床は天然松のフローリング、壁は天然吉野杉のパネリングに決めた。費用は工具代(電動丸ノコ、インパクトドライバ、トリマー)が約30,000円、材料代が約120,000円だった。

リフォームの作業内容

まず、ホームセンターに行って材料を選び、ついでに工具も買った。和室に有った畳、家具など不要なものは軽トラックをレンタルで借り、市の廃棄物処理センターへで搬送した。(処分費は2トンまで無料だった)
作業はほとんどの部分をひとりで行い、重量物を運ぶ時だけ、妻の手を借りた。

リフォーム前の和室(畳を剥がした状態)


フローリング下地処理(床に12mmのベニヤ板を張る)


天然松のフローリング


中央のメンテ用開口部
(床下へのアクセス用の開口。実はここが難しかった)


壁に天然吉野杉のパネリングを張る


パネリングの仕舞を額縁で(トリマーで加工)


天井下の壁には壁紙用下地にベニヤ合板を張る


ベニヤ合板の上に壁紙を張る


カーテンを買って取付ける(レースとカーテンの二重にした)


左の方


更に左(ここが入口)


更に左(最後のコーナー)


作業場(ここはガレージ横の洗濯室で作業場として確保)


出来栄えと使用感

かくして、洋室へのリフォームが完成。退去していた机と椅子が入り、快適な書斎となった。

和室から洋室へリフォームされた部屋1
部屋は明るくて、天然杉の壁で保温効果もあり、冬も夏も快適。

和室から洋室へリフォームされた部屋2
自画自賛だけど、出来栄えには大満足。